三重県高校総体、きょうから主会期 陸上やテニスなど29競技

【三重県高校総体の競技種目と日程、開催場所】

令和4年度第72回三重県高校総合体育大会(全日制)の主会期が27日から始まる。県内各地で29日まで陸上競技、テニス、バレーボール、重量挙げなど29競技が行われ、大半が夏の全国高校総体(インターハイ)の県予選を兼ねている。

テニスは3月の全国高校選抜団体戦でベスト8進出の男子・四日市工、女子・四日市商などが頂点を狙う。バレーボール女子は今年1月の全日本高校選手権(春高バレー)ベスト8の三重が中心か。個人種目では重量挙げ男子61キロジャークで昨年のインターハイを制している松田魁利(亀山)らの活躍が楽しみ。

新型コロナウイルス感染症対策として、関係者を除き原則無観客試合での開催。総合開会式も行わない。主会期の後もゴルフ(5月30、31日)、水泳(6月25、26日)の開催が予定されている。