亀山市地域まち協「通常総会」3年ぶり対面で 功労者に感謝状も

【あいさつをする横山会長=亀山市若山町の市社会福祉センターで】

【亀山】三重県の亀山市地域まちづくり協議会連絡会議(横山正会長)は26日、同市若山町の市社会福祉センターで、令和4年度通常総会を開いた。市内22地区のまちづくり協議会の会長18人が出席した。コロナの影響で対面での総会は3年ぶりとなった。

横山会長(78)は「各まち協の絆のつながりを大切に、若い世代の未来のために、一丸となって頑張りましょう」とあいさつ。

地域担い手研修やまちづくり協議会交流会など6自主事業と13協賛事業を盛り込んだ本年度事業計画案と収支予算案を満場一致で承認した。

総会に先立ち、3年以上在職した服部勝弘さん(77)と5年以上の西川喜賀さん(84)、鈴木壽一さん(72)、大谷秀世さん(74)の功労者4人に櫻井義之市長が感謝状を贈呈した。

櫻井市長は「個性や特徴を生かした活動やまちづくりへの取り組みに対し、敬意と感謝を申し上げる」「地域の絆がより強固なものとなるようしっかりサポートします」と述べた。