キャッシュカード詐取され300万円被害 鈴鹿の60代男性 三重

【鈴鹿】三重県警鈴鹿署は24日、鈴鹿市の60代無職男性が、鈴鹿署員を名乗る男にキャッシュカード1枚をだまし取られたと発表した。男性の口座からは、複数回にわたって現金計約300万円が引き出されていた。特殊詐欺事件とみて調べている。

同署によると、21日午前11時ごろ、自宅の固定電話に鈴鹿署員を名乗る男から「キャッシュカードが不正利用されている。鈴鹿署のタケダという者がキャッシュカードの確認に行くので待っていてください」などと言われた。

その後、タケダを名乗る男が自宅を訪れ封筒を取り出した。男性は言われるがままキャッシュカード一枚と暗証番号を書いた紙を封筒に入れて手渡した。男性がその場を離れた隙に、封筒をすり替えられだまし取られた。