小津安二郎監督のロゴマークを商標登録 松阪市

【小津安二郎ロゴマーク】

【松阪】三重県松阪市はこのほど、同市で青春時代を過ごした映画界の巨匠、小津安二郎監督の横顔をイメージしたロゴマークを商標登録した。来年の生誕120年没後60年記念事業に向け活用する。

同市は昨年4月、同市殿町の市立歴史民俗資料館2階に小津安二郎松阪記念館を開館し、それに合わせてロゴを作成した。デザインは「OZU」の文字を目、鼻、口に見立て、小津監督が撮影時に愛用したピケ帽と組み合わせた。

ロゴを使った商品を製作し、令和4、5年度に実施する記念事業を盛り上げる。既にロゴ入りのクリアファイルや便箋を販売している。

記念事業の目玉は小津監督の松阪時代に特化した日記の刊行。12月に発刊しし、松竹が今年12月に東京で開くプレイベントでPRする。