JA鈴鹿がコロッケとケーキの新商品

【JA鈴鹿管内産の米粉とかぶせ茶を使ったちゃむとまいむのパウンドケーキ=鈴鹿市地子町のJA鈴鹿本店で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市地子町の鈴鹿農業協同組合(谷口俊二組合長)はこのほど、新商品「JA鈴鹿の白ネギコロッケ」(1個120円、税込)と、米粉を使用した「ちゃむ」と、かぶせ茶粉末を使用した「まいむ」のパウンドケーキ2種類(各1個450円、税込)の販売を始めた。

販売店舗は、JA鈴鹿農産物直売所「果菜彩」の鈴鹿店、稲生店、亀山店。

商品開発は平成27年度から、六次産業化に伴う取り組みの一環として進めており、今回を含め10商品を販売する。

コロッケは3月に販売を開始。強い甘みが特徴のJA鈴鹿管内産白ネギを使用し、しっかりしたうま味とのバランスが人気という。1個70グラム。

2種類のパウンドケーキは今月16日に発売した。使用する米粉とかぶせ茶はいずれも同管内産。しっとりとした食感や上品な甘さが特徴という。1本あたりの内容量は250グラム(包装紙など込み)。贈答品用の箱入りは各1本ずつの計2本入り千円(税込)。

23日、谷口組合長が同市役所の末松則子市長を訪問し「今後も年に1、2種類は商品化していきたい」と話した。

末松市長は「六次産業化の商品を楽しみにしている。どんどん作ってほしい」と激励した。