津商、津田学園は準決敗退 春季東海地区高校野球

第69回春季東海地区高校野球大会は第2日の22日、愛知・小牧市総合運動場球場(小牧市民球場)で準決勝2試合が行われ、浜松開誠館(静岡)と岐阜第一が24日の決勝進出を決めた。

ベスト4のうち三重県勢2校(津商、津田学園)が勝ち上がっていたが、津商は浜松開誠館に3―5、津田学園は岐阜第一に4―11の七回コールドで敗れた。

津商は六回に3点を挙げて先制したが七回に満塁のピンチから5点を奪われた。序盤から追う展開となった津田学園は四回の3番神田剛志のソロ本塁打などで迫ったが七回に一挙5点を失った。