期限切れコロナワクチンを10人に誤接種 鈴鹿の医療機関

【保存期限切れの新型コロナウイルスワクチンの誤接種を謝罪する市職員=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市は20日、市内医療機関で16―18日に実施した新型コロナウイルスワクチン3回目の個別接種で、20―60代の男女10人に、保存期限が1時間半―2日超過したファイザー社製ワクチンを誤って接種したと発表した。使用したワクチンの保存期限は16日午前9時までだった。これまでに10人に健康被害は出ていない。

接種者は、市内の9人と亀山市の1人。16日に2人、17日に5人、18日に3人がそれぞれ接種を受けた。

市によると、19日に看護師が在庫チェックの際に気付いた。保存期限の確認が十分徹底されていなかったことが原因。

その後、医療機関が接種者に謝罪し、健康を確認。今後2週間の経過観察をする。

市は今月9日にも誤接種を公表しており、健康福祉部の中村昭宏部長は「短期間に誤接種が再発したことを重く受け止める。医師会と連携し一層の注意喚起をしていく」と謝罪した。