交通安全の課題を再確認 三重県警、オンラインで交通課長会議

【県警本部で開かれた交通課長会議=津市栄町1丁目で(県警提供)】

三重県警は17日、県警本部で交通課長会議を開いた。佐野朋毅県警本部長や交通部の幹部らが出席し、課題について確認した。県内18署の交通課長らはオンラインで参加した。

県警によると、16日現在、県内の交通事故死者数が15人(前年同期比4人減)で、高齢者の割合が6割以上を占めている。

こうした現状を踏まえ、佐野本部長は「悲惨な交通事故を一件でも抑止するという熱意と、高齢者などの安全を確保するための対策を一層推進すること」などと訓示した。