強化指定の基準を見直し 知事会見、JFL鈴鹿の処分問題で

一見勝之三重県知事は16日の定例記者会見で、日本フットボールリーグ(JFL)の鈴鹿ポイントゲッターズがクラブ幹部による意図的な敗退行為の指示があったとして日本サッカー協会から処分を受けた問題に関連し、強化チームの指定基準を見直す考えを示した。

一見知事はポイントゲッターズを強化チームから外した理由について「競技団体(県サッカー協会)が国体に向けた強化の中心に位置付けなかったため」と説明。敗退行為の指示は「遠因」としつつ、強化チームから外した直接の理由ではないとの認識を示した。

その上で、強化チームを指定する基準には、処分の有無などに関する項目がないと説明。今回の問題を踏まえて「今後そういった団体が出てきた場合の議論がある。指定の実施方針を見直さなければならないとも考え、担当部局と話をしている」と述べた。