ディスクゴルフ町民で楽しむ 三重・菰野町

【ディスクゴルフを楽しむ参加者=菰野町の町ディスクゴルフコースで】

【三重郡】プラスチック製の円盤を飛ばす年齢に関係なく、誰もが気軽に楽しめるスポーツ「ディスクゴルフ」の大会が15日、三重県菰野町の三滝川河川敷にある町ディスクゴルフコースで開かれた。4―83歳の町民ら約20人がプレーを楽しんだ。

大会は元気アップこものスポーツクラブが初めて開いた。ディスクゴルフは、フライングディスクをバスケット型の専用ゴールに投げ入れ、投数の少なさを競う。ルールはゴルフとほぼ同じという。

参加者は競技の説明を聞いて練習した後、3―4人編成の6つのグループに分かれて九ホールを回った。自分の番がくると、ゴールの位置や風向きを考えながらディスクを飛ばした。風が吹いてなかなか思うように飛ばず、竹永小学校五年の佐藤大誠君(10)は「次で必ず入れる」と夢中になっていた。

子ども、大人のそれぞれの部で上位3人と、頑張った幼児2人を表彰した。

子どもの部=①田上宗太②佐藤大誠③中山笑宙▽大人の部=①伊藤幸雄②葛谷陽一③松野美江▽がんばりました賞=中山柊良、田上陽依