車8台絡む事故、4人救急搬送 伊勢湾岸道、大型トラック運転手逮捕 三重・四日市

【四日市】16日午前8時40分ごろ、三重県四日市市川北町の伊勢湾岸自動車道下り線で、大型トラックが、渋滞で停止していた乗用車に追突した。車両計8台が絡む追突事故となり、4人が病院に救急搬送された。いずれも命に別条はない。

県警高速隊は同日、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで、大型トラックを運転していた鹿児島県出水市上鯖渕、活魚販売業福田貴樹容疑者(48)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は、大型トラックを運転中、渋滞で停止していた名古屋市中川区尾頭橋四丁目、職業不詳男性(35)の乗用車に追突し、右腕を骨折するけがを負わせた疑い。「追突したことは間違いない。渋滞している車に気付くのが遅れた」と容疑を認めている。

現場は片側3車線。伊勢湾岸自動車道下り線のみえ川越インターチェンジ(IC)から朝日IC間(約4・1キロ)が午前9時ごろから約4時間にわたって通行止めとなった。