違う種類のワクチン誤接種 津の医療機関、18歳未満に 三重

【津】三重県津市は16日、新型コロナワクチンの3回目接種で、18歳未満の人に誤ってモデルナ製ワクチンを接種したと発表した。

今月7日に、市内の医療機関が産業医として担当する企業の従業員とその家族に3回目接種を実施した際、18歳未満の人にはファイザー製ワクチンを接種しなければならないところ、誤ってモデルナ製ワクチンを接種していた。担当医が生年月日と年齢の確認を怠っていたのが原因。同日の接種で18歳未満は一人だけだった。

間違いに気づいた医療機関から同月14日に当人とその家族に連絡し、謝罪した。接種直後は発熱があったが、現在は元気に過ごしているという。引き続き経過観察をする方針。

市の担当者は「ワクチンの取り扱いは多岐に渡っている。改めて各医療機関には入念に確認して接種してもらいたい」と話した。