JFL鈴鹿の指定見送り 三重県競技力向上対策本部

三重県はこのほど、秋に開催の第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」などでの活躍を期待して強化活動にかかる費用を援助する、令和4年度三重県強化指定運動部・チームの88部・チームを発表した。元役員らによる敗退行為の指示で今年4月、日本サッカー協会(JFA)から懲罰処分を受けた日本フットボールリーグ(JFL)の鈴鹿ポイントゲッターズは強化チームから外れることになった。

第76回国民体育大会「三重とこわか国体」の開催が予定されていた令和三年度は強化チームの一つに選ばれ、約60万円が支給されていた。

競技力向上対策課によると、県内競技団体と協議の上、今年も成年男子サッカー県代表の一員としての活躍を期待していたが、チームの承諾がないまま、JFAの処分が出たこともあり、「総合的に判断し今回は指定を見送った」としている。