ヴィアティン三重初勝利、伊賀も白星 サッカーなでしこリーグ

【ヴィアティン三重―ディアヴォロッソ広島 パスを送るヴィアティン三重DF坂崎奏(ヴィアティン三重提供)】

サッカー女子のプレナスなでしこリーグ1部は8日、第8節が行われ、伊賀FCくノ一三重はMF島野美央のリーグ初ゴールとなる前半8分の1点を守り抜いてスペランツァ大阪を退けた。通算成績は5勝1敗1分(勝ち点16)で暫定順位はスフィーダ世田谷FC(勝ち点21)に続く2位。

また2部のヴィアティン三重レディースは8日の第7節でディアヴォロッソ広島を1―0で下して2部参入後初勝利を挙げた。前半11分のMF桑原舞音の先制点が決勝点になった。通算成績は1勝3敗3分(勝ち点6)で暫定順位は7位になった。