桃山時代の装束で田植え 伊勢・猿田彦神社「御田祭」

【桃山時代の衣装をまとって苗を植える植方ら=伊勢市宇治浦田の猿田彦神社で】

【伊勢】三重県伊勢市宇治浦田の猿田彦神社で5日、五穀豊穣や豊漁を祈る県指定無形文化財「御田祭(おみた)」があった。桃山時代の装束をまとった植方らが昔ながらの手作業で苗を植えた。8月下旬─9月上旬に稲を刈り、11月23日の新嘗祭に初米を供える。

本殿祭が営まれた後、約500平方メートルの神田に移動し、進修小学校3年の女子児童の「八乙女」がおはらいを受けた玉苗を植方に手渡した。植方は地元住民18人が務め、市女笠(いちめがさ)に小袖の女性と、侍烏帽子(さむらいえぼし)に手細(てぼそ)、はかま姿の男性が一列に並び、囃方(はやしかた)が演奏する田楽に合わせ手植えした。

田植えが終わると、えびすと大黒が描かれた2本の大うちわで豊漁か豊作かを占う「団扇角力(うちわずもう)」が神田で行われ、今年は大黒(豊作)が勝った。神社境内では豊年踊りも披露された。