子どもら田植え体験 「農業屋」クラギがイベント

【田植えする参加者ら=松阪市嬉野黒野町で】

【松阪】「農業屋」を展開するクラギ(竹内秀樹社長、三重県松阪市川井町)は5日、同市嬉野黒野町のクラギ嬉野農場付近の水田で田植え体験イベントを開催し、同市の子どもら72人が参加した。

同イベントは、子どもらコメづくりの大変さやありがたみを伝え、自然環境に触れる機会としてもらおうと開き、15回目となる。コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった。

約千平方メートルの水田に子どもらが入り、同社のスタッフに助言を受けながら、目印に沿ってコシヒカリの苗を植えた。

同市から参加した小学2年生の松井栄勝(はるかち)君は「田植えは初めて。足がどろどろになったけど楽しかった」と笑顔を見せた。

同社の中村篤史管理部長は「体験を通して自然や食育を考えるきっかけになれば」と話した。