父親の車にはねられ1歳女児死亡 紀宝町に帰省中

【南牟婁郡】4日午前8時50分ごろ、三重県紀宝町成川の住宅の敷地内で、帰省中の栃木県下野市小金井4丁目、自衛官男性(28)が運転する乗用車が、前方にいた男性の次女(1つ)と衝突。女児は頭を強く打ち、和歌山県内の病院に搬送されたが、約1時間半後に頭部外傷により死亡した。

紀宝署によると、男性は家族6人で実家に帰省中で、敷地内で車を洗車した後、動かそうと発進させた際に次女をはねたという。事故当時、女児は砂遊びをしていたといい、詳しい事故状況などを調べている。