桑名で銅版画展 志摩の吉田さん2年ぶり

【2年ぶりに個展を開いた吉田さん=桑名市南寺町のギャラリー寺町で】

【桑名】三重県志摩市志摩町片田の銅版画家、吉田賢治さん(71)の個展が4日、桑名市南寺町のギャラリー寺町で始まった。15日まで。9日、10日は休み。

2年ぶりに開く個展。海女をテーマにした銅版画を中心に24点を並べた。水彩画や和紙を使ったコラージュも紹介している。

吉田さんは名古屋市生まれで、愛知県立芸術大を卒業。33年前に妻の故郷の志摩市に移住し、志摩の海女を描き続けている。「緻密な表現が銅版画の魅力。じっくり見てもらえたら」と話した。

8日午後1時からは、吉田さんによるギャラリートークと、二胡(にこ)とバンジョーのミニライブもある。