海水浴場でのコロナ対策徹底を 津市観光協会、大型連休で呼び掛け 三重

【津】大型連休を前に津市観光協会は御殿場、香良洲両海水浴場を訪れる観光客に向け、新型コロナウイルス感染拡大防止対策の徹底を呼びかけた。

両海水浴場へ例年連休中に約10万人の観光客が訪れる。昨年はコロナ禍で団体客がほとんどなく落ち込み、「今年は反動で多くなる」(同市観光振興課)と見込む。

両海水浴場計9カ所の休憩所は検温や飲食時以外のマスク着用などを徹底して営業する。市が毎年設置している観光案内所が看板を掲げ、放送で注意喚起し、津署と連携して路上駐車を取り締まる。

御殿場海水浴場での潮干狩りは自由だが、香良洲海水浴場は事前に休憩所「なお屋」=059(292)3388=へ問い合わせる。

市観光協会は「感染に注意しながら津市を楽しんでもらいたい」と呼びかけた。