24日に鈴鹿国際交流フェスタ 8カ国の歌や踊り、料理も 三重

【3年ぶりの開催で来場を呼びかける事務局職員=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市神戸一丁目のイスのサンケイホール鈴鹿で、24日午前10時―午後3時半まで、鈴鹿国際交流フェスタ「わいわい春まつり」が開催される。参加無料。雨天決行。同まつり実行委員会主催。

多文化共生への理解を深めることを目的に、今年で19回目。新型コロナウイルス感染症の影響で3年ぶりの開催となる。同会場は初めて。

会場では、ベトナムやブラジルなど8カ国の市民らが自国の歌や踊り、器楽演奏などを舞台発表するほか、ロビーでは各団体の国際交流活動を紹介するパネル展などを実施する。

中庭ではペルーの民芸品のほか、ケバブ、キムチなど4カ国の料理を販売する。飲食不可。

事務局の鈴鹿国際交流協会は「今こそ国境を越えた人と人との結びつきが大事なとき。他国の文化に触れて日本人と外国人が仲良くなれれば」と話していた。