ひき逃げ容疑で女逮捕 車同士衝突 三重

【四日市】三重県警四日市南署は21日、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、四日市市塩浜、会社員村木ゆかり容疑者(55)を逮捕した。

逮捕容疑は14日午前6時半ごろ、同市楠町小倉の信号機のない県道交差点で軽乗用車を運転中、同市東日野二丁目の会社員男性(25)の乗用車と出合い頭に衝突し、男性に軽傷を負わせて逃走した疑い。

同署によると、現場には、車のバンパーの一部が落ちており、捜査して村木容疑者を特定した。「どうしたらいいか分からなくなり、その場から逃げた」と容疑を認めている。