同居の被告男が控訴 亀山・6歳男児暴行死

三重県亀山市内のアパートで男児=当時(6つ)=を暴行し死亡させたとして、傷害致死などの罪に問われたメキシコ国籍の派遣社員ワタナベ・ゲバラ・アレハンドロ被告(44)が18日、懲役7年とした津地裁判決を不服とし、名古屋高裁に控訴した。

判決によると、令和元年10月12日ごろ、亀山市内のアパートで、知人から預かったブラジル国籍のチアゴ・ファン・パブロ・ハシモト君の顔を複数回にわたり、平手でたたいて後頭部を床に打ち付けさせるなどの暴行を加え、同月28日、外傷性脳障害で死亡させた。