ガラスのような光沢 アメリカンフラワー300点展示 桑名

【作品展を開いた清水さん=桑名市南寺町のギャラリー寺町で】

【桑名】アメリカンフラワー教室を主宰する三重県桑名市大仲新田の清水禎子さん(65)は18日、同市南寺町のギャラリー寺町で作品展を開き、丹精込めて作った作品約300点を展示販売している。24日まで。

アメリカンフラワーは、ワイヤと合成樹脂液で作る造花。ガラスのような光沢感があり、水洗いすることもできる。

ランをメインにしたアレンジメントをはじめ、母の日(5月8日)に向けて切り花風のカーネーションや、ピアス、カチューシャなどといったアクセサリー類も並ぶ。作品は千円から買える。

20代のころ、アメリカンフラワーの美しさに心奪われ、作品制作を始めた。講師の資格を取得し、約2年前から自宅で教室を開いている。現在、生徒を募集中という。

清水さんは「一つとして同じものはない。部屋に飾って楽しんでほしい」と話していた。