コロナ後のまちづくり考える 桑名で22日タウンミーティング

桑名市ビジネスセンターと桑名商工会議所は22日午後1時半から、三重県桑名市中央町の柿安シティーホール小ホールで、ポストコロナ時代の同市のまちづくりや地方創生を考えるタウンミーティングを開く。

地域の良さを再発見し、住みやすい、働きやすい、魅力のある地域にするためにはどのような行動を起こせばいいのかを考える。

プロジェクトデザイナーで、Umari代表の古田秘馬氏が「地方創生と街づくりについて」と題して基調講演。古田氏のほか、伊藤徳宇桑名市長、中澤康哉桑名商工会議所会頭らによるパネルディスカッションもある。

定員120人で参加費無料。申し込み・問い合わせは桑名商工会議所=電話0594(22)5155、FAX0594(21)5156=まで。