ヴィアティン三重、県初のBリーグチームへ シーズン公式試合参加資格合格

バスケットボール男子のBリーグ3部(B3)は14日、2022~23年シーズンの公式試合参加資格の最終審査を行い、ヴィアティン三重、東京ユナイテッドバスケットボールクラブ、立川ダイス、湘南ユナイテッドBCの新規4クラブを含めた17クラブの合格を決めた。ヴィアティン三重などの新規クラブの正式入会は入会審査や手続きを終えた4月末となる見込み。入会が正式に決まればヴィアティン三重は三重県初のBリーグチームとなる。

県内でサッカーやバレーボールなど複数のスポーツチームを運営する総合型スポーツクラブの「ヴィアティン三重ファミリークラブ」が2020年に発足させた。県社会人リーグから出発し、21年から地域リーグの「東海・北信越リーグ」に参戦。同年9月のB3リーグ理事会で行われた公式試合参加資格の1次審査を通過していた。