「ネット料金振り込め」と電話 伊勢の男性詐欺被害 三重

【伊勢】三重県警伊勢署は14日、伊勢市在住の70代無職男性が現金合計30万円をだまし取られる被害に遭ったと発表した。架空請求詐欺事件とみて調べている。

同署によると、12日午前9時ごろ、男性の携帯電話に「イケダ」と名乗る男から「ネット料金が未納になっている。遅延を含む30万円を今日中に振り込まないと裁判になる」などと電話があった。男性は指示に従う形で同市内の金融機関ATM(現金自動預払機)から3回にわたり現金を振り込んだという。

相談を受けた家族から13日に被害届があり、被害が発覚した。