一見知事、参院選候補への応援は「ない」

一見勝之知事は13日の定例記者会見で、次期参院選三重選挙区(改選数1)の対応について「どちらかの候補を応援することはない」と述べ、特定候補を支援する考えはないことを明らかにした。

会見で次期参院選のスタンスについて問われた一見知事は「党が開く大会にあいさつで伺うことはあると思うが、どちらかの候補を応援することはない」と説明。支援の要請も「ない」と語った。

また、次期参院選三重選挙区の争点については「それぞれの候補が三重県をどう良くしていくのかを訴えていくと思う。県の発展に向けて観光や産業の支援などを掲げて臨まれるのだろう」と述べた。

次期参院選三重選挙区には今のところ、自民新人で元県議の山本佐知子氏(54)と、無所属新人で元県議の芳野正英氏(47)が立候補する見通し。立憲現職の芝博一氏は今期限りでの引退を表明している。