死体遺棄罪で男2人追起訴 伊賀の殺人事件で三重・津地検

津地検は11日、死体遺棄の罪で、三重県名張市の無職中岡恵佑被告(31)=殺人罪で起訴=と、住所不定の無職張誠根被告(42)=同=を追起訴した。地検は認否を明らかにしていない。

起訴状などによると、両被告は令和2年10月6日ごろ、伊賀市の配達員廣岡陸斗被告(28)=同=と四日市市の無職山北進被告(38)=殺人ほう助罪で起訴=と共謀し、伊賀市島ケ原の宇都宮秀之さん=当時(46)=の遺体を津市内の土中に埋め、遺棄したとされる。