鈴鹿大、皇學館大が勝ち点1 三重大学野球春季リーグ戦

(第2週、安濃球場)
三重学生野球リーグの春季リーグ戦(伊勢新聞社後援)は10日、鈴鹿大が5―4で四日市大を退けて2連勝し、今季初の勝ち点1を獲得。皇學館大も三重大戦が2試合連続で不戦勝となり勝ち点1を挙げた。

鈴鹿大は1番前田武蔵(3年・西和清陵)の先頭打者本塁打を含む5長短打に敵失で初回に一挙5点を先制。四日市大の猛追を白井丈(3年・堺)、植田勝行(3年・西和清陵)の継投で振り切った。