獅子ケ岳に登山ポスト設置 救助活動や観光事業に活用 三重・度会町

【獅子ケ岳の登山口三カ所に設置された登山ポスト(度会町提供)】

【度会郡】三重県度会町はこのほど、町内有数の登山スポット「獅子ケ岳」の登山口三カ所に登山ポストを設置した。ポストには山行ルートや装備品、緊急連絡先などを記入する登山届や入り込み客数を調査する二つのカウンターを備え付け、有事の際の迅速な救助活動や今後の観光事業に活用していく。

同町は豊かな自然を生かしたアクティビティに力を入れていて、登山もその中の一つ。標高が733メートルの獅子ケ岳は、伊勢湾や風車などを望む大パノラマの絶景が魅力で、低山ハイキングを楽しむ人が多いという。

今回は「みえ森と緑の県民税」を活用し、県産のスギとヒノキを使って高さ約1・5メートル、幅90センチ、奥行き84センチの登山ポストを3個作製。山頂までの3つのコース「日の出の森ルート」「小萩ルート」「注連指ルート」の登山口3カ所に設置した。事業費は72万6千円。

町産業振興課の玉村憲也さん(28)は「皆さんに活用してもらい、安全に登山を楽しんでもらえれば。これからの町の観光振興にも役立てていきたい」と話した。