鈴鹿大が先勝 春季、三重学生野球リーグ

(第2週、安濃球場)三重学生野球リーグの春季リーグ戦(伊勢新聞社後援)は9日、鈴鹿大―四日市大の1回戦1試合があり、鈴鹿大が9―2で四日市大に八回コールド勝ちし、先勝した。皇學館大―三重大は三重大が新型コロナウイルスの影響で出場を辞退したため皇學館大の不戦勝となった。

鈴鹿大は五回まで四日市大先発飯田幸大(3年・酒田南)の前に1得点だったが1―2で迎えた六回6番甲斐雄大(3年・相生学院)の2点適時二塁打で1点勝ち越すと七回以降敵失にも乗じ追加点を挙げた。先発の磧朝樹(4年・開新)は8安打2失点で粘り、終盤の味方の反撃を呼び込んだ。