カキ養殖4900万円被害 鳥羽市、トンガ沖噴火の津波で 三重

【鳥羽】三重県鳥羽市はこのほど、1月16日に発生したトンガ海底火山噴火による津波の被害状況を発表した。鳥羽磯部漁協による集計をまとめたもので、浦村地区のカキ養殖業で約4932万8千円の被害があったとしている。

市によると、被害の内訳は、いかだや資材などの施設被害が約3405万1000円、落下したカキの被害が1527万7千円だった。流されたり破損したいかだの数は397台で、33事業者が被害を受けたとしている。