本会議欠席に陳謝 三重県議会議長会見、濃厚接触者特定で

【定例記者会見で、県の計画策定が遅れることへの所感を述べる青木議長=県議会議事堂で】

青木謙順三重県議会議長は4日の定例記者会見で、先月30日に新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者に特定されたことを受け、翌31日の県議会本会議などを欠席したことを明らかにした。

青木議長は検査での陰性確認を経て今月2日から公務に復帰。先月31日は本会議を欠席したほか、県の長期計画と中期計画に対する申し入れ書も稲垣昭義副議長が代理で一見勝之知事に提出した。

青木議長は「多くの方々に心配をかけた」とした上で「年度替わりだったので大変ご迷惑な時期になってしまったが、議長としての役割を全て副議長にクリアしてもらい、ありがたかった」と述べた。

感染拡大防止と社会経済活動の両立について問われた青木議長は「感染拡大で病床使用率が上がるのはいけない」としつつ「縮こまって何も活動しないのは。しっかりと活動しなければならない」と語った。

濃厚接触者となった経緯については「こちらの想像だけで言うと感染された方の迷惑になることもある」として明かさず。同じく先月31日の本会議を欠席した複数の議員との関係性についても明言を避けた。