アマバンド10組熱演 亀山、2年半ぶり「K―LMCコンサート」 三重

【ステージを楽しむ「ミューライクス」の皆さん=亀山市東御幸町の市文化会館内中央コミュニティセンターで】

 

【亀山】亀山軽音楽サークル(長田隆尚会長)は3日、三重県亀山市東御幸町の市文化会館内中央コミュニティセンターで、第17回「K―LMCコンサート」を開き、アマチュアバンド9組と個人1人が歌と演奏を熱演した。市内外から音楽好きな人らが熱いステージを楽しんだ。

同サークルには、ロックやポップス、フォークソングなどさまざまなジャンルのアマチュアグループ10組が加盟。毎年春と秋にコンサートを開いているが、コロナの影響で、令和2年から2年続けて中止しており、この日は2年半ぶりとなった。

鈴鹿市内を拠点に40―70代の男女5人で70年代のフォークやカントリーソングを持ち歌に活動している、アマチュアバンド「ミューライクス」の澤田省三さん(71)は「約2年間、コロナの影響で活動の場がなかったが、久しぶりにステージに立てることに感謝しながら、楽しませてもらった」と話していた。