プロゲーマー招きeスポーツ大会 エキサイト四日市バザールで 三重

【こにゅうどうくんカップ開会式=四日市諏訪町の特設ステージで】

【四日市】第30回エキサイト四日市バザールは2日、三重県四日市市諏訪町の三滝通りと諏訪新道で開催した。三滝通りを歩行者天国にして、「eスポーツ」や太鼓演奏、自衛隊の展示を繰り広げた。

今回は特設ステージで「デジタルの活用」をテーマに、従来のリアルスポーツイベントに代え、全世代が参加可能な「eスポーツ」をメインコンテンツとした。TeamYAMASAとサイクロプスアスリートゲーミングのプロゲーマー4人をゲストに招き、バンダイナムコエンターテイメント発売の3D対戦格闘ゲーム「鉄拳7」の大会「こにゅうどうくんカップ」を開催した。

オンラインで大会を中継。全国から130人が参加し、熱戦を繰り広げた。同市のゆるキャラ「こにゅうどうくん」も参加し、会場を沸かせた。他に、ぷよぷよeスポーツやグランツーリスモSPORTの体験会があった。

【桜と出店が並ぶ三滝通り=四日市市諏訪町で】

来訪者は三滝通りに咲き誇る桜の並木を見ながら、立ち並ぶ約30店舗のテイクアウトを中心とした出店を楽しんだ。