社会情勢に柔軟な対応を 三重交通入社式で竹谷社長 津

【津】新年度が始まった1日、三重県津市中央の三重交通(竹谷賢一社長)で新入社員の入社式があり、今年度入社した男性14人、女性7人の計21人が出席した。

入社式で、竹谷社長は「新型コロナウイルスの影響やロシアのウクライナ侵攻を起因とする原材料価格の高騰など、厳しい事業環境下だが、必ず次の局面がやってくる」とし、「事態の収束を待つのではなく、社員全員で切磋琢磨(せっさたくま)しながら新たな生活様式に対応していくことが重要。固定概念にとらわれない柔軟な考えをぜひ職場で生かしていってほしい」と激励した。