福祉功労者・団体を表彰 伊勢市社会福祉大会

【受賞者を代表し謝辞を述べる小西名誉会長(手前左)=伊勢市岩渕のシンフォニアテクノロジー響ホール伊勢で】

【伊勢】三重県伊勢市などは30日、同市岩渕のシンフォニアテクノロジー響ホール伊勢で「第17回市社会福祉大会」を開催し、福祉功労者表彰として、地域福祉の発展に長年の功績があった55人と15団体を表彰した。

受賞したのは、長年ボランティア活動に尽力した個人や団体、民生委員・児童委員、福祉団体や施設関係者ら。式典には受賞者のうち44人が出席し、分野別に鈴木健一市長、宮崎吉博市社協会長、市共同募金委員会会長から、感謝状や表彰状を受けた。

受賞者を代表し、社会福祉役員功労で市長感謝状を受けた伊勢市視覚障害者福祉会名誉会長の小西蔀さん(85)は「今後も必要とされる皆さんに笑顔と元気をお届けし、地域に根差した活動を実践していきたい」と謝辞を述べた。

例年は、表彰のほか福祉講演会が開かれるが、新型コロナ感染対策として式典のみに縮小した。