「さくら名所百選」宮川堤でソメイヨシノ見頃 三重

【見頃を迎えたソメイヨシノ=伊勢市の宮川堤で】

【伊勢】三重県伊勢市のサクラの名所宮川堤で、ソメイヨシノが見頃を迎え、花見客らを楽しませている。

度会橋近くの宮川右岸堤防沿い約1キロに渡り、ソメイヨシノを中心とした約700本が並ぶ。江戸時代から名所として知られ「日本さくら名所百選」にも選ばれている。

29日は曇り空となったものの、朝から多くの家族連れらが訪れ、サクラ並木を散策したり写真を撮るなどして楽しんでいた。妻と訪れていた市内の80代男性は「まだ少し早いと思ったが、こんなに咲いていてびっくり。いい時に来た。毎年見ているが、ここのサクラは最高です」と話していた。

サクラは五分咲きで、市によると見頃のピークは今週末になる見通し。開花に合わせたライトアップは来月10日ごろまで。露店の出店は中止し、宴席の自粛や感染症対策の協力を呼び掛けている。