三重の赤い羽根企業等応援団にJAグループ三重とコープみえが登録

赤い羽根共同募金と企業などとが連携する「三重の赤い羽根企業等応援団」にこのほど、JAグループ三重(津市栄町、谷口俊二会長)と生活協同組合コープみえ(津市羽所町、鈴木稔彦理事長)が登録した。募金箱の設置などそれぞれの企業が共同募金に協力する。

共同募金の新たな枠組みとして本年度創設した制度。両企業とも店頭に募金箱を置きポスターを掲示するほか、JAグループ三重は職域募金を、コープみえは商品カタログに募金欄を設けるなど企業の状況に応じた協力をする。

集まった寄付金は所在市町の募金実績として活用するほか、希望により企業の指定する配分事業に活用する。

同制度には今回の2件を含めこれまでに8社が登録している。