大内山B&Gプールがリニューアル 三重・大紀町

【リニューアルオープン記念式典でテープカットを行う関係者ら=大紀町大内山で】

【度会郡】三重県大紀町がブルーシー・アンド・グリーンランド(B&G)財団(東京都)の助成を受けて改修した「大内山B&G海洋センタープール」(同町大内山)で27日、4月からのリニューアルオープンを前に記念式典が行われた。

同プールは昭和57年に同財団が室内プール施設として旧大内山村に開設後、昭和61年に無償譲渡され、平成8年にプールを温水化。市町村合併により同町が施設を引き継いだ。6コースの25メートルプールや幼児用プールを備え、多くの町民らが利用している。

昨年11月から老朽化していたボイラーとろ過機ポンプの取り換え、管理棟外壁やプール内の塗装、照明LED化などを実施。総事業費は2580万円で、1540万円の助成を受けた。

式典には、服部吉人町長や同財団の古山透常務理事ら関係者が出席した。服部町長は「今後も体力向上のスポーツの場、青少年の育成、地域コミュニティーの場として、さらに利用率の向上を目指していきたい」とあいさつ。大紀スイミングクラブの子どもらが関係者とテープカットを行った後、泳ぎ初めをした。

錦小6年の加藤陽茉君(12)は「楽しんで気持ちよく泳げた」と話していた。