秋篠宮ご夫妻が来県へ 伊勢神宮を参拝、宮内庁発表

宮内庁は25日、秋篠宮ご夫妻が伊勢神宮を参拝するため、4月20、21両日に来県されると発表した。秋篠宮さまの来県は23回目。皇位継承順一位の皇嗣となってからは初となる。

宮内庁によると、ご夫妻は4月20日に来県し、翌21日に外宮と内宮を参拝。22日には奈良県橿原市の神武天皇陵と京都市の明治天皇陵などを参拝し、23日に大阪(伊丹)空港から東京に戻る。

参拝は皇嗣となったことを報告する「立皇嗣の礼」があった令和二年11月以降の実施が検討されていたが、新型コロナウイルスの影響で沿道などに多くの人が集まることを避けるために延期していた。

一見勝之知事は「誠に喜びに堪えません。まん延防止等重点措置が全国全ての地域で解除された中で他県に先駆けてご来県いただくことは光栄の極み。万全の体制でお迎えします」との謹話を出した。