学費引き上げも可決 三重県立看護大、反対意見も 県議会

24日の三重県議会本会議では、県立看護大の学費を引き上げる議案も賛成多数で可決した。議案に反対した議員らは、同大が法律で定める県議会の議決を経ずに学費を引き上げた問題を反対の理由に挙げた。

議案に反対したのは山本里香(共産党、2期、四日市市)、稲森稔尚(草の根運動いが、2期、伊賀市)の両議員。稲森議員は討論で「議会軽視では済まされない。議会も議決の重さを認識すべき」と述べた。

この議案を審査した医療保健子ども福祉病院常任委の田中智也委員長も採決に先立つ委員長報告で「不適切な事務で県民の信頼を大きく損ねる。誠に遺憾」と指摘。県当局に再発防止の徹底を求めた。

山本議員は田中委員長に「看護大の責任者を委員会に招聘(しょうへい)する必要はなかったのか」と質問。田中委員長は「特に(招聘の)意見はなかった。再発防止を見守り、必要があれば改めて審査する」と返答した。

問題を巡っては、県立看護大が引き上げ後の受験料や入学料を、議決前に新課程の受験生と入学生から徴収していた。医療保健子ども福祉病院常任委は問題発覚前に、この議案を「可決すべき」と決していた。