顧客情報持ち出し、無罪 津地裁判決「営業秘密に当たらず」 三重

取引会社の担当者の氏名や電話番号などの顧客情報を、退職間近に自身のスマートフォンに移行し営業秘密を取得したとして、不正競争防止法違反の罪に問われた奈良県宇陀市、会社員男性被告(52)の判決公判が23日、三重県の津地裁であり、柴田誠裁判長は「営業秘密に当たると認めることはできない」として無罪判決(求刑・罰金50万円)を言い渡した。

柴田裁判長は判決理由で「営業担当者である被告自身が日々の営業活動の中で顧客との間で個人的な信頼関係を構築することによって蓄積してきたものと認められる」と指摘した。「顧客情報について、会社が被告の退職後の利用を一切許さないとすることは、職業選択の自由に対する過度の制約になりかねない」とした。

判決によると、男性は伊賀市の青果物などの卸売会社の上席営業部長として勤務し、退職間近の平成29年1月22日、プライベートでも使用していた同社貸与のスマホから同社の顧客である取引先などの情報を含む電話帳データをすべて複製して自身のスマホに移行させた。

判決後、男性は取材に「当然の主張が認められて良かった」と話した。

津地検の小松武士次席検事は「判決内容を精査し、上級庁とも協議の上、適切に対応したい」とコメントした。