津田学園高吹奏楽部、3年ぶり演奏 200人前に多彩なステージ 三重・桑名

【演奏を披露する部員ら=桑名市の大山田コミュニティプラザで】

【桑名】津田学園高校吹奏楽部の定期演奏会がこのほど、3年ぶりに開催された。三重県桑名市の大山田コミュニティプラザ文化ホールに集まった約200人を前に、マーチング演奏をはじめ、多彩なステージを繰り広げた。

今回が16回目になる。部員21人が、夏に開催される県吹奏楽コンクールで演奏を予定している曲などを披露した。新型コロナウイルスの感染防止対策として、入場者を保護者と学校関係者に限定した。

コロナ禍で、思うような練習ができなかった。部長の門脇知香さん(2年)は「演奏会を成功させるという目標は達成できたと思う。次はコンクールに向けて、みんなで頑張ります」と話した。