生後2カ月次女骨折させる 四日市、父親を傷害容疑で逮捕 三重

【菰野】三重県警四日市西署は21日、傷害の疑いで菰野町、名古屋出入国在留管理局職員の加藤航容疑者(36)を逮捕した。

逮捕容疑は1月30日午後7時半ごろ、自宅の風呂で、当時生後2カ月の次女に何らかの暴行を加え、左上腕部に4週間の加療を要する骨折を負わせた疑い。「私は一切子どもに手を出していません」と容疑を否認している。

同署によると、加藤容疑者は妻(28)、長女(2つ)、次女の4人暮らし。1月30日は、加藤容疑者と次女が2人で風呂に入っていた。妻が、風呂から出た次女の左腕が動きづらくなっていることを不審に思い、翌31日に病院に連れて行った。

病院から通報を受けた町役場が児童相談所に通報。児相が「女の子が左腕を骨折しており、虐待かもしれない」と同署に通報し捜査していた。