三重のウオーターボーイズ全日本4位

【4位入賞した水球のU17男子三重県選抜】

水泳・水球の第8回全日本ジュニア(U17)選手権大会は第3日の20日、新潟県立柏崎アクアパークであり、男子三重県選抜が4位に入った。女子三重県選抜は1回戦で敗退した。

三重県内の高2以下で編成する男子三重県選抜は2回戦で山口県選抜を下して4強入り。準決勝で鹿児島南高校に敗れ、3位決定戦で静岡県選抜に敗れ、昨年に続く2連覇は逃したものの、3大会連続のベスト4入りを果たした。優秀選手のベスト7に佐々木蒼太が選ばれた。

全国8ブロックの予選を勝ち抜くなどした男女17歳以下の選抜チームがトーナメント形式で対戦する。18日開幕の男子は16チーム、20日開幕の女子は12チームがエントリーした。

三重県内からは2月の東海ブロック予選で男女県選抜が優勝し、そろって全国大会出場を決めたが、女子県選抜は20日の1回戦で千葉県選抜に敗れた。

■男子三重県選抜監督の川口智央・四日市中央工高校教諭の話 今年の高2は小、中学から水球をしている選手が少ないが高校から水球を始めた選手らの活躍もあってベスト4入りできた。この大会で見えたスタミナ、パワー不足といった課題を克服して栃木国体優勝などを目指したい。