三浦カズ先発も鈴鹿敗れる JFL最年長出場記録を更新

サッカーの日本フットボールリーグ(JFL)は20日、名古屋市などで第2節4試合があった。三重県関係では鈴鹿ポイントゲッターズがFCマルヤス岡崎に2―4で敗れて通算成績が1勝1敗となった。

J2の横浜FCから期限付き移籍している55歳のFW三浦知良は2試合連続の先発出場でJFLのリーグ最年長出場記録を更新。前半45分までプレーし、シュート1本記録したが得点には結びつかなかった。

鈴鹿は前半11分に暁高出身のFCマルヤス岡崎MF伊藤侑暉に先制点を決められると、昨シーズンまでヴィアティン三重に在籍していたFW酒井達磨に2連続で得点され0―3で前半を折り返した。

後半11分にMF藤島樹騎也、同33分にMF三宅健人が得点したが、同13分に酒井に再び得点を奪われ、追いつけなかった。