ソフトで中学女子全国大会へ 県選抜中村さん、度会町で激励会

【中村町長(左)に全国大会出場を報告した中村さん=度会町役場で(同町提供)】

【度会郡】26―28日に大阪府で開かれる「都道府県対抗全日本中学生女子ソフトボール大会」に三重県選抜チームの一員として出場する、度会中学校2年の中村蒼那さん(14)=度会町棚橋=の激励会がこのほど、度会町役場であった。

中村さんは小2からソフトボールを始めた。同校でもソフト部に所属していたが、昨年8月の全国大会出場後に同部が廃部となり、現在はその歴史を引き継いで誕生したクラブチーム「度会レパーズ」のメンバーとして活躍を続けている。

同11月に県選抜の選考会があり、県内の中学生約70人が参加。度会レパーズからは中村さんを含む2人が全国大会に出場するAチームに選ばれた。選抜チームでのポジションはサードで打順は8番。大会初戦は、鹿児島県選抜との対戦が決まっている。

中村さんは「三重県代表の選手として、一戦一戦悔いのないように頑張ります」と意気込みを語った。中村忠彦町長は「三重県選抜に選ばれたことは町としても光栄。普段の力を十分に発揮して頑張ってください」と激励した。