壁土を違法に投棄 三重県、南工業の許可取り消し

家屋などの解体工事で発生した産業廃棄物を違法に投棄していたとして、三重県は16日、廃棄物処理法に基づき、南工業(津市白山町南家城)の産廃収集運搬業の許可を取り消す行政処分をした。

県によると、同社は昨年11月26日以降、市内の家屋や倉庫などの解体工事で発生した計17・6立方メートルの壁土を、廃棄物処分場の許可を得ていない同市白山町川口の土場に投棄していた。

県に情報提供があって発覚。昨年12月に立ち入り検査をした県職員が、ダンプカーで壁土を投棄しているのを目撃した。同社は県の聞き取りに「処分費を浮かせたかった」と説明したという。