看護大学費問題「申し訳ない」 三重県知事、関係者に陳謝

三重県が法律で定める県議会の議決を経ずに県立看護大の学費を引き上げていた問題で、一見勝之知事は16日の定例記者会見で「法律に従って業務を執行できなかったことを申し訳なく思う」と述べた。

一見知事は「検定を受けた方に迷惑を掛け、申し訳ない。議会にも迷惑を掛けている」などと陳謝。「検定を受けた人に対応することが第一。再発防止策を検討しなければならない」と述べた。

また、今回の問題に関わった職員を処分する可能性について問われた一見知事は「まずは原因を究明しなければならない」としつつ「必要であれば、そういったことも考えたい」と述べた。